あなたとCBDを繋ぐ=CBD LINK

アメリカTSAが飛行機に一部のCBDオイルとFDAに認可された薬物の持ち込みを認める方針

 

アメリカのTSA(米国土安全保障省)は5月26日、国内便で搭乗者のCBDの持ち込みを許可すると同省のサイト:TSA.govで発表した。以前は全てのカンナビス類の持ち込みは違法をされていたがCBD配合の抗癲癇薬エピディオレックスをFDAが認可した事によって方針を変えた模様だ。

これまで全てのカンナビス類がキャリーオン、チェックインの荷物で禁止されていたが、アメリカが2018年に通したFarm Billのガイドラインに入るCBDオイル(THC含有率が0.3%以下)であれば持ち込みの搭乗が可能だ。変わらず大麻/THC含有率が0.3%以上のCBDオイルは禁止としているがTSAがどうやって見分けをつけるのかは不明である。

CBDの薬用効果が注目を浴びる中、医療用に持ち歩いている人がアメリカには多くいる。最近CBDオイルを持って搭乗しようとし、逮捕された女性を含め似たような事件が相次いでいただけにCBD肯定者にとっては喜ばしいニュースとなった。

 

https://www.nbcnews.com/news/us-news/tsa-changes-policy-allow-some-cbd-oil-medications-planes-n1010561

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です