あなたとCBDを繋ぐ=CBD LINK

抗炎症作用のある大麻は、慢性的なアルコール摂取によって引き起こされるダメージを軽減する可能性がある

医療用大麻へのアクセスが世界中で広がっているので、科学者たちはかつて悪魔と言われた植物に様々な薬用用途を発見しています。

最近、Liver internatinal誌に掲載された新しい研究では、大麻のもう一つの滞在的な利点が判明した可能性があります。慢性的なアルコールと大麻への肝臓へのしようの結果を調査した研究者たちは、毎日大麻を使用したアルコール依存症患者が進行しなかった肝臓病の進行段階を発症するリスクが低いという驚くべき発見をしました。

研究チームは、過去または現在のアルコール乱用歴のある成人における進行性肝疾患の有病率を調査するために、2014年医療費及び利用プロジェクトからの退院記録を分析しました。彼らの基準を満たした30万人以上の個人を識別した後、研究所は3つのグループに対象を分類しました:非大麻使用者、非依存型大麻使用者、及び依存型大麻使用者。

研究の結果は、アルコール使用者で、さらに大麻を使用する者が肝硬変、脂肪性肝炎、線維症、アルコール性脂肪性などを発症する可能性が低いことを示したとのこと。

研究チームは慢性的なマリファナの使用者が肝疾患のリスクを低くした性格な医学的理由を特定することはできませんでしたが、大麻の既知の抗炎症作用は飲酒による長期の肝障害を減らすかもしれないと仮説を立てました。もちろん、全てのアルコール中毒者が毎日服用し始めることを医者が推薦することはありそうもないですが、この研究は慢性的なアルコール乱用によって引き起こされる損害を軽減するのを助ける大麻ベースの薬を識別または作成するのを助けるかもしれないさらなる研究への道を開くことができます。

 

引用元:https://merryjane.com/health/alcoholics-who-use-cannabis-daily-have-lower-risk-of-liver-disease-says-new-study

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です