あなたとCBDを繋ぐ=CBD LINK

有益な特性を持つもう一つの大麻化合物、CBN

カンナビジオールの略語であるCBDは、大麻や大麻の植物に含まれる無毒な化合物で、世界中でまるでそのウィルスに感染したかのように広まっています。その天然の抗炎症作用と鎮痛作用は、スキンケアから食物まであらゆるものに加えられています。

しかし、CBDは大麻植物に固有の数百の化合物のうちの1つにすぎません。 THCとCBDがすべての話題を集めているにもかかわらず、CBNを含む多くの症状を緩和するのを助けることができる無数の大麻化合物は他にもあります。

「我々は、CBNがマウスのバルビツレート誘発睡眠の睡眠時間をわずかに延長させることを見出した。CBNがすでにそのように市販されているにもかかわらず、CBNが鎮静剤であることを証明するという現在の情報はない」と非営利のCBD情報サイトであるProject CBDの主任研究者の一人であるZoe Sigmanは言いました。

カンナビノールの略語であるCBNは、大麻植物からのTHCの酸化と分解から来ています。つまり、THCが加熱されてCo2(酸素)にさらされると、CBNに変換されます。この化合物は穏やかな精神活性反応を示し、CBDよりわずかに強いがTHCよりはるかに低いという性質も持っています。

CBNの薬物動態は、THCのCB1受容体(カンナビノイド受容体1型)の力価の1/6~1/10の間にあるように思われる」とSigmanは詳述しています。

CBNおよびCBDは、個別にまたは組み合わせて、潜在的に全体的な精神および身体の静けさおよび弛緩を引き起こすことによって不眠症を軽減するのを助けます。

Mary誌のブログによると、CBNはほとんどのユーザーに鎮静作用があるとされていますが、CBDは就寝後の朝の鈍さではなくむしろ覚醒感を引き起こす傾向があるとされています。

CBNとCBDは、ほとんどの消費者の食欲に及ぼす影響に関しては大きく異なります。 CBDは軽度の食欲抑制剤として作用することができますが、CBNは自分の食欲を刺激する傾向があります。

CBNとCBDの両方は、脳が受け取る疼痛信号を潜在的に変えることによって、疼痛および炎症の症状を軽減することが逸話的に知られています。これらの化合物の痛みを軽減する特性を利用する1つの方法は、患部に直接局所的に製品を塗布することです。これらの化合物を消費するのではなく局所的に適用し、消化器系や肝臓を迂回することによって、消費者は処方薬との相互作用の潜在的なリスクを下げます。 CBDは、ワルファリンまたは他の血液希釈剤を含む膨大な数の医薬品と禁忌を示すことがあるためです。

どちらの化合物の使用目的がどうであろうと、予期しない禁忌を示す可能性のある自然療法またはサプリメントを摂取する前に、患者は常に有資格のある医師に相談するべきです。最近のCBD製品の急増に伴い、最新の流行に投資しようとしているより慎重ではないベンダーは、純度についてラボテストされている高品質の製品を製造できない可能性があります。さらに悪いことに、CBDは無用な量や危険な添加物を含んでいるかもしれません。

バージニアコモンウェルス大学の研究者らはすべて、上場企業であるDiamond CBDの製品に5F-ADBという化合物が含まれていることをコンシューマレポートから指摘されました。麻薬取締局によると、「K2」や「Spice」などは、パラノイアやパニック発作を引き起こし、心拍数や血圧を上昇させ、けいれん、臓器障害、さらには死に至る可能性があります。

さらに、CBD +メラトニンなどの製品ハイブリッドを消費するときには注意が必要です。 CBDはFDAによる規制を受けておらず、米国での臨床試験を受けていないため、就寝前にサプリメントを混ぜて服用するのは賢明ではありません。組み合わせを試す前に、どちらかを試してください。

 

引用元

CBN Is Another Cannabis Compound With Beneficial Properties

https://www.forbes.com/sites/sarabrittanysomerset/2019/07/30/cbn-is-another-cannabis-compound-with-beneficial-properties/#29c843551d9b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です